活動日誌

2013年8月18日

オスプレイは24機すべてを米国に持ち帰れ

IMG130818_151929
 今日も猛暑でしたが、53回目の横田基地撤去を求める座り込み行動を行いました。今回は特に、オスプレイの横田配備が日米で協議中という切迫した状況の中で行われただけに、参加者も都内各地から100人を超え、熱気ある集会となりました。冷たいスイカと会員手作りのしそジュースが参加者を元気づけ、20人を超える人が発言しました。
 横田に配備が検討されているオスプレイは、海軍用のMV22とちがい、CV22といって、陸軍特殊部隊を最前線に送り込むため、低空飛行訓練を繰り返す機種で、7倍も事故率の高い実績を誇り(?)ます。こんな危険な軍用機を360度、人口密集地の囲まれた横田基地に配備するなど絶対許せません。日本をなんでも言うことを聞く属国としてしか見ていないアメリカ軍の態度がうかがい知れます。とにかく、好戦的で、アジア諸国には大国主義的、それでいて、アメリカには卑屈な安倍内閣ですが、青梅市、あきる野市を含む周辺7市1町の首長はそろって横田配備に反対し、検討自体の撤回を求めています。
 集会の最後に、「CV22オスプレイの、横田基地を始め、日本への配備の検討を直ちにやめることを日米政府に要求する決議」(PDFファイル参照)を採択しました。